販売物件

販売物件

イベント情報

イベント情報

来店予約

来店予約

資料請求

資料請求

NEWS & COLUMNお知らせ・コラム

耐震だけじゃない!制震をプラスして安心・安全な住まいへ

コラム 22.06.16

こんにちは。S&Gハウジングの広報担当です。
地震大国と言われている日本、いつ大きな地震が来るか分からない今日ではマイホーム購入に際しても耐震性が気になりますよね。今回はS&Gのおうちの地震対策について解説いたします。

■なぜ耐震だけでなく制震が必要なの?
住まいにおける地震対策といえば耐震を思い浮かべる方が多いかと思います。耐震とはその名の通り、建物の構造体(柱や梁など)や壁の強度を上げて揺れに耐えられるような頑丈な造りにする地震対策です。

しかし建物にかかる地震のダメージは、一度の大きな揺れの衝撃だけでなく、何度も繰り返し発生する余震でも蓄積し、積もり積もったダメージによって倒壊を引き起こす場合もあります。そこで地震による揺れを吸収し、建物にかかる負担を軽減するために当社が導入しているのが制震ダンパーのミライエです。

■熊本城の改修工事にも使用された、高い制震技術を我が家へ

制震装置を取り入れることによって、本来であれば建物(躯体)が受ける地震の力を装置が代わりに受け止め、揺れを吸収します。建物にかかる負担を和らげ、建物自体のもつ耐震性を長持ちさせることができるんです。
ミライエを搭載した家では震度7の揺れに対して、地震の揺れ幅を最大95%低減できることが実証されています。(※1)

ミライエは熊本地震当時、熊本県内で132棟に搭載されていましたが、地震発生後に全棟調査したところ半壊・全壊など目立った被害は1棟もありませんでした。
制震性能の高さの実績から、熊本城改修工事の際には大天守閣・小天守閣の両方にミライエと同じゴム技術が使われている住友ゴム製のダンパーが使われています(^^)

S&Gのおうちでは耐震性能にプラスして制震ダンパーを搭載し、もしもの地震に備えます。
大切なわが家を守る安心・安全の制震装置です。地震対策や制震ダンパーについて詳しく知りたい方は担当営業までお気軽にお声がけくださいね。

※1…耐震等級3相当の木造建築物に対して震度7地震波を繰り返し、入力しミライエ装着・非装着で建物の上層と下層の揺れ幅(層間変形量)を測定。2017年1月京都大学防災研究所での実大震動実験によるもの。

参照:住友ゴム工業株式会社 熊本地震でも全壊・半壊0の実績
https://miraie.srigroup.co.jp/earthquake/

Recommned

Contact Us

S&Gハウジングの注文住宅、 分譲住宅、
リフォームについて
興味のある方は、
お気軽にお申込みください

電話でのお問合せはこちら

京都本店

0120-854-414

(9:00〜18:00
 第1/2/3火曜・毎週水曜定休)

京都北支店

0120-109-417

(9:00〜18:00
 第1/2/3火曜・毎週水曜定休)